単語の意味が分からなくても話せるの?

宮崎市と新富町で多言語活動をしているヒッポファミリークラブ宮崎です。

アメリカにホームステイに行った、あるこどもがこんな話をしました。

「ホストが I hopeって言う時は表情が明るいんだよ。そのあとにいい話が続くの。

反対に I’m afraidって言う時は表情が暗い。そのあとに何かが出来ないという話が続く」

この子はアメリカに行った時「I hope」も「I’m afraid」も意味を知りませんでした。

しかし同じ状況で同じ音を何度も聞くうちに「どんな時にその音を使うのか」を理解しました。

私たちは学校で英語を習う時に「単語(熟語、文章)と日本語訳をセットで覚える」ということをしてきました。そのため「意味が分からないと話せない」と思い込んでいます。

でもちょっと考えてみて下さい。

何かをしてもらった時に言う「ありがとう」

食事の前に言う「いただきます」

外から帰った時に言う「ただいま」

意味を知らなければこれらの言葉が言えないでしょうか?

「ありがとう」は「有難い」=めったにないこと

「いただきます」は「もらう」の謙譲語の「いただく」

「ただいま」は「ただいま帰りました」の略

私たちはこんな意味など知らなくても、「この状況でこの音を使う」と理解して使ってきたはずです。

定例活動の最後に、みんなで輪になって手をつないで「再見(ツアイチェン)、再見、朋友メン。。」と歌います。

2歳くらいの子でもすぐに覚えて、もっと居たい時は「ツアイチェンしない~!」と泣いたりします。

意味が分からなくても、立派に言葉として使っていますね!

関連記事

  1. 英国留学者でも分からない英語が分かったワケ

  2. アメリカで暮らしても英語が話せなかった彼女が、日本に住んで多…

  3. 世界で一番多くの人が話す言葉は英語。。。ではなく〇〇語!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA