多言語の人は言葉を覚えるのが早い

宮崎市と新富町で多言語活動をしているヒッポファミリークラブです。

英語一つでも大変なのに、多言語なんてとてもとても。。とお思いの方に朗報です!

「多くの言葉が話せる人は新しい言葉を覚えるのが早い」つまり「言葉をたくさん話せれば話せるほど、どんどん習得が早く楽になっていく」ということが、最新の脳科学で証明されました。

 

このことは体験的には知られていました。

インド、アフリカ、マレーシアなどが多言語の国であることは良く知られています。そして日本に滞在しているそれらの国出身の人々は、滞在期間に対して日本語が流暢だと思いませんか?

 

その理由が、ヒッポファミリークラブ、東京大学の脳科学者である酒井邦嘉教授、マサチューセッツ工科大学の言語学者であるスザンヌ・フリン教授の三者による、5年間の共同研究の結果として分かりました。

 

研究の結果として分かったこと

*英語に加えてスペイン語も分かる日本人は、初めて聞く言語(カザフ語)を理解する際に、そうでない人よりも脳活動が活発。視覚野や大脳基底核まで有効に活用できている。

さらに

*日本語以外に触れた言葉が英語だけの人は、カザフ語の新しい事項を理解する際、前に覚えたことがリセットされてしまう

ことも証明されました。

 

このことは「英語一つでも大変」ではなく「英語一つだから大変であることの理由になっているのではないでしょうか?

2021年に発表された論文は、イギリスの科学誌「Nature」の姉妹誌であるScientific Reportsの神経科学部門で2021年のダウンロード数が世界10位になっています。

 

詳しく知りたい人は、東京大学プレスリリースをご覧くださいね。

 

酒井邦嘉教授によるオンライン無料講演会があります。

 

 

 
 
 
 
 

コメント

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA